電磁波過敏症の症状電磁波過敏症の症状

不快な電磁波過敏症を引き起す電磁波被曝を防御する!

電磁波過敏症の症状サイト

えっ!?電磁波を浴びただけで、本当に人がぶっ倒れるの?

ウソ!?電磁波照射程度で、人が本当に殺傷できるの?

本当!?電磁波照射程度のことで、脳や内臓にダメージを与えられるの?

電磁波はその特性として球形の物体に集中して働く(物理的エッグ現象)ことから、電磁波が頭そのものや眼球の大きさに波長が共振する可能性もあり、これによって脳や眼球に何らかの障害が出るのではないかと欧米では危惧されているのです。

ドキュメンタリー - 未来の戦争 電磁波レーザービーム兵器

その一方では電磁波ビーム(レーザー光線)を利用した新世代兵器システムがすでに欧米では次々と開発され、ミサイル迎撃対艦船、対戦闘機攻撃用兵器として配備されつつあります。
さらに電磁波に関連した軍事技術を活用して、治安面でもこうした電磁波の特性を生かして人体に照射することによって相当なダメージを与え暴徒化した群集をまったく動けないように鎮圧制御することができるようになってきています。(欧米で、レーザーガン、電磁波ゾンビガンといわれているもの)

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達


携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスク WHO組織が指摘
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠が認められる」とする結果を公表。 [ITmedia]
 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は5月31日、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表した。  同組織が携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクの可能性について認めたのは初めて。  14カ国の31人によるワーキンググループが24~31日に会合を開き、欧米の過去の調査結果などを評価した。 Copyrightc 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器①

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器②

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器③

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器⑤


「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

「中和装置電磁盤」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。
(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠症で苦痛を感じておられる方にご利用いただくことを主対象といたしております)
★「中和装置電磁盤」は、治療器具ではありません。波動環境改善、電磁波被曝対策器具です。

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。
いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。


ご家族やお知り合いに、電磁波過敏症の症状の方はおられませんか?

電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏症の症状を否定し差別視することは許されることではなく論外だと認識しております。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、これらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。

このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要と考えます。
現状において電磁波障害はまったく存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明をここでもってやたら問う必要はないわけであります。 よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


ページトップに戻る