電磁波過敏症電磁波過敏症

奇経による電磁波過敏症・線維筋痛の治療法

電磁波過敏症生体波動レベル
有害電磁波中和放電装置
「電磁盤」

治療ポイント(経穴)を設定していく上で、経験的かつ古典的治療システムとして特異な奇経治療がある。
奇経治療は、16世紀に中国の著名な本草学者・医師李時珍(1518年~1593年)が注目し臨床に応用したことが知られている。
その特徴としていえることは、急性の症状に対して即効性があるということだ。
その治療法としては、症状のある側ともう一方の治療点として必ずかすがいに経穴ポイントをとる。
治療時間は5分間程度でよく、多くの場合短時間で効果が発現する。
治療ポイントが外れるとまったく効果が得られないので治療上の修練度が必要とされる。

奇経八脈流注・治療チャート
帯脈--陽維脈 陽キョウ脈--督脈 任脈--陰キョウ脈 陰維脈--衝脈
外関 後谿 列欠 内関
  陽白     承泣
  本神   齦交 齦交    
  承霊   水溝 承漿
  風池 風池 神庭
  風府   百会
         
    晴明     晴明
  肩井 承泣
       
    地倉 風府     廉泉
  臂臑 人迎     人迎
  京門 巨骨 大椎   欠盆 天突 気舎
     
身柱
    臑兪 神道     幽門
      筋縮     期門
         
章門     脊中     腹哀
         
帯脈     命門 神闕   大横 肓兪
         
五枢     陽関 陰交   府舎
維道       長強 気海
  居リョウ 居リョウ   会陰
              気衝
         
         
              陰谷
         
         
              築賓
  陽交 附陽     交信   三陰交
    僕参     照海   公孫
         
  金門 申脈     然谷
臨泣 申脈 照海 公孫

奇経の実態と機能の詳細については、拙論をご覧ください。

は八総穴。は圧診点。

関連する主要な経穴を相対的に上下に配置したもの。

原則として左右の八総穴をかすかいに組み合わせる。

実際の治療応用は奇経病症解説を参照のこと。

実際の治療応用は一発即効治療を参照のこと。

実際の治療応用は実験的経絡論を参照のこと。

リンク情報・東洋医学ツボ図鑑


ページトップに戻る