電磁波過敏症の症状
不眠症対策について

電磁波過敏症の症状に対処するための環境改善とは

電磁波過敏症の症状サイト

分厚いコンクリート壁でさえも突き抜ける電磁波を防げるのか!?

不眠症対策には、まず就寝時の波動環境改善が必要です!!

電磁波過敏症の症状

下記記述は、あくまでも電磁波過敏症の症状に苦しんでおられる方のための情報です。 日本国内の一般論ではありませんので、誤解のないようご注意下さい。

電磁波過敏症の症状を自覚しておられる大半の方が不眠症や睡眠障害といった苦痛を訴えます。このことにも注目しなくてはなりません。
不眠症は現代人に特有のストレス症状であって、一概に病気であるとまではいえないともいわれます。
体調不良からくる不眠症や精神的ストレスからくる自律神経の乱れが原因の不眠症などがあるとしても、その原因が特定されても短時日で解消されるほど不眠症は単純なものではありません。
実は不眠症と電磁波障害には密接な関係があります。

電磁波を浴びると神経ホルモンのセロトニン分泌が抑制され、セロトニンの欠損は、抑うつ病を引き起こすとする報告。 (1986年、M.アスバーグ、スゥエーデン)
哺乳動物が、微弱な電磁波にさらされると、メラトニンの分泌障害が 発生するという報告もあります。(1992年 ウイルソン博士、イギリス)
さらにスウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)と米ウェイン州立大学(Wayne State University)が共同で実施した携帯電話の電波と不眠症との関連性に関する調査報告があります。
その報告では18~45歳の男女70名以上を対象にして、884MHz帯域の無線デジタル信号(電磁波)を浴びせ、その後の睡眠状態を詳細に分析されたものです。
一定時間を通信電波にさらされて過ごした後に眠ろうとすると、そうした影響がなかった場合と比較して、深い睡眠に入るまでの時間が長くなる傾向が観察されたほか、最も深い睡眠の継続時間が短くなることなどが明らかになったといいます。(2008年にも無線通信機器製造業者フォーラム(MMF: Mobile Manufacturers Forumから関連レポートが出された。)

電磁波過敏症の症状を自覚している人の多くは不眠症を訴えますが、これはやはり脳内神経物質であるメラトニンやセレトニンの減少が直接かかわっているということのようです。
この脳内の神経伝達物質であるメラトニンやセレトニン分泌に影響が出ると、自然な眠気が阻害されだすとともに体内時計がうまく働かずに不眠症の状態に陥ってきます。
入眠障害が出て寝つきが悪くなると次第に夜更かしとなり、いよいよ睡眠時間帯がずれてき始めます。
症状がすすめば生活リズムが昼夜逆転の状態となり、これが続くと自律神経が正常に働かなくなってしまいます。
寝起きの際の気分もすぐれず、頭痛や吐き気、食欲不振などの症状とともに精神的にも落ち込んでうつの状態となりがちになります。
不眠症もぐっすりと熟睡できないとか、就寝中に何度も目が覚めるとかいった個別の経過をたどりますが、これらが電磁波障害を伴っていると薬物療法ではなかなか改善しないわけです。
不眠症の多くはもとより日常の生活環境が深く関係しているわけですが、その生活環境自体が過剰な電磁波を被曝しているような場合には特に電磁波過敏症の症状が発現しやすくなります。
こうした場合にこそ「環境改善アイテム電磁盤」が活用できます。まず生活環境から電磁波の悪影響を除去してやるわけです。
「環境改善アイテム電磁盤」の使用法は簡単です。室内の身近な電気製品、機械の上か側面にセットしていただくか、体に着けて携帯していただくだけで防御機能を発揮します。

「電磁波に近づいてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾

精神活動をつかさどる人間の大脳には大量の水分子が含まれています。それこそ表現は悪いですが、イメージ的にはスイカや豆腐にもたとえられそうです。
最新の分子生物学分野でもこの脳内の細胞やニューロンの水分子(クラスタ)の存在がが脳の機能や精神活動に中心的働きをしていることが解明されつつあります。 その水分子はもっとも電磁波の影響を受けやすいのです。

たとえば電子レンジの電磁波は、2.4GHzという高周波数帯の出力のもので、同じ様に携帯電話も、0.8GHzから1.5GHzというこれに近い高周波数帯が使われています。
日常的に携帯電話を頭に密着した状態で使用するということは、出力の差はあるがある種の小型電子レンジを頭に当てて通話しているようなものということになります。

電磁波はその特性として球形の物体に集中して働く(物理的エッグ現象)ことから、電磁波が頭そのものや眼球の大きさに波長が共振する可能性もあり、これによって脳や眼球に何らかの障害が出るのではないかと欧米では危惧されているのです。

「参考資料・文献」

細胞内カルシウムイオン作用機構に関する研究など

電位依存性イオンチャネルについて
www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-channel.html

「生体電気信号とはなにか 神経とシナプスの科学」 杉 晴夫著

「生体概日リズム発振機構への磁場影響に関する研究」 樋脇 治
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09650483/

「電磁波対策」
「環境改善アイテム電磁盤」を頭の近くのポケットに携帯していただくと有害電磁波からの不快感が防げます。
日常的には、パソコン入力作業などによる頭痛、首肩のこわばりやしつこい痛み、皮膚の掻痒感(かゆみ)、眼の奥の痛みやめまいなどの不快症状の軽減、自動車運転時の疲労感、車酔い防止効果があります。
自動車の場合はエンジン部分と座席の間に位置するように装着して下さい。

「でんじ・ばん」のさらに詳しい使用方法につきましては、「環境改善アイテム電磁盤」を使用されているお客様の声 をご覧ください。


「環境改善アイテム電磁盤」を使った簡単な安眠対策法を紹介します

就寝時の安眠のために、まず体の周りの波動環境を整えます。睡眠がうまくとれない不眠症などにも応用できます。セット数やセット位置は自由に変えていただけます。

電磁波に対して過敏症の傾向がある場合は、必ず就寝時には寝室内の電気製品のプラグはすべてコンセントから抜いておいてください。

生体波動・気・経絡循環・自律神経の調整法

  生体波動・気・経絡循環・自律神経の調整法

「環境改善アイテム電磁盤」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。
(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠症で苦痛を感じておられる方にご利用いただくことを主対象といたしております)
★「環境改善アイテム電磁盤」は、治療器具ではありません。波動環境改善、電磁波被曝対策器具です。


「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。
いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。


ご家族やお知り合いに、電磁波過敏症の症状の方がおられませんか?

電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏症の症状を否定し差別視することは許されることではなく論外だと認識しております。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、これらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。 このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要と考えます。
現状において電磁波障害はまったく存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明をここでもってやたら問う必要はないわけであります。 よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


ページトップに戻る