電磁波過敏症の症状

外部からの電磁波攻撃対策・嫌がらせ対策について


電磁波攻撃電磁波過敏症の症状電磁波攻撃に対処するための防御法とは?
悪質な電磁波攻撃の実態をご存知でしょうか?
分厚いコンクリート壁でさえも突き抜ける電磁波は防げるのか!?
電磁波攻撃で一体どんな症状が出てくるのでしょうか?
市販されている器具を使って見えない電磁波を照射するだけで、特定されることなく攻撃や嫌がらせが実行出来るのです。

電磁波攻撃特有の症状とはどのようなものか


頭の中で何故人の声がするのか?(サブリミナルメッセージ)

2017.02.03 FRI 08:00
個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験 ごく短い時間だけ表示されるサブリミナル画像への脳神経反応を調べることで、個人の宗教的信念や政治的傾向などを調べることができるという実験結果が発表された。
ワシントン大学の研究者、タマラ・ボナチは1月31日(米国時間)、セキュリティーカンファレンス「Enigma」で、ある実験について説明した。単純なヴィデオゲームを利用して、一定のテンポで表示されるサブリミナル画像への神経反応を収集できる方法を示したものだ。
TEXT BY DAN GOODIN TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO ARS TECHNICA (US)

いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも電磁波による殺人光線兵器の開発が密かに試みられていました。

当時の技術力では兵器は完成できなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。

その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の癌や白血病の発病や体調不良が続いたことで調査されて実態が発覚したといいます。

これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達


誰でも電磁波過敏症の症状を体験できるって本当なの?

別段電磁波過敏症の症状でなくても、外部からそれなりに強い電磁波を被曝すれば人間はその影響を直に感じられるのです。

このことは実に興味深い事実ではないでしょうか。

電磁波攻撃

照射されるエネルギー量の問題であって、生体反応として電磁波エネルギーは十分に人体にも浸透して作用することになります。

これらの研究は軍事医学の分野でなされてきた経緯もあって、日本ではその実態はほとんど知られていませんが、すでに欧米では電磁波エネルギーを使った兵器や暴徒鎮圧機装置にも応用が広がってきています。

今後は、特定のエリア内への侵入を防ぐ強力な電磁波照射の防犯器具としての需要が出てくると思います。

電磁波はその特性として球形の物体に集中して働く(物理的エッグ現象)ことから、電磁波が頭部そのものや眼球の大きさに波長が共振させることが可能であり、これによって脳や眼球に何らかの障害が出るのではないかと欧米では危惧されてきているのです。

その一方では電磁波ビーム(レーザー光線)を利用した新世代兵器システムがすでに欧米では次々と開発され、ミサイル迎撃対艦船、対戦闘機攻撃用兵器として実戦配備されつつあります。

さらに電磁波に関連したこれらの軍事技術を応用して、治安面でも電磁波を人体に照射することによって相当なダメージを与え暴徒化した群集をまったく動けないように鎮圧制御することができるようになってきています。

巷にはすでにこうしたシステムに類似した小型の電磁波照射装置も出回っており、たとえ悪意を持ってそれらの機器が使用されたとしても現状では何ら規制されることはありません。

生活空間には夥しい無数の電磁波が充満していますから、仮にそうした機器を悪用した嫌がらせの手段がとられていたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

照射される電磁波自体は、いくら外部から浴びせられたとしても通常は目では捉える事の出来ないものなのです。


さらにいえば、一般論として今現在日本では電磁波による身体への障害が医科学的に認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは当然考えられるわけで、それに対してまったく無関心ではいられないことになります。

動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

同様に人体が不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」と検索してみれば、そうした関連情報は無数にヒットします。

ここでいえることは、日常生活でも出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなように意識すると同時に、電磁波環境を出来るだけ少なくした生活空間を自己防御する工夫が必要だと考えます。

それが今現在の個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。

「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)
違法レーザーポインター販売容疑、10業者摘発
国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネットで販売したとして、大阪や京都、栃木など7府県警が今月、計10業者を消費生活用製品安全法違反容疑で一斉摘発し、うち4業者の4人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。(読売新聞2016.07.30)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6209389
・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所
http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」 大阪府警
  http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)

「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics

【電磁波・放射線エネルギーの種類】
[低周波 → → → → → → → → → → → → → → → → → → → → 高周波]

電磁波過敏症の症状
超長波 長波 中波  短波 マイクロ波 ミリ波   赤外線  可視光線  紫外線  X線  ガンマ線

[→・・・・・・ 電波」・・・・・←  →・・・・・・・・「光」・・ ←  → ・・・「放射線」・←]

Vehicle-Mounted Active Denial System (V-MADS)米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」とは?

実際に対人放射型電磁波装置「Active Denial System」というのがあります。

特殊な反射型のアンテナでミリ波の電磁波エネルギービームを照射し、前方の暴徒などの敵性人物を一瞬にして制圧できる装置です。

「Active Denial System」は反乱暴徒といった敵性対象の生命を奪うものではなく、あくまでも「制圧・無力化」することに特化したシステムが実用化されています。

パラボラアンテナのような照射装置から目標に対して不可視のミリ波(電磁波)によるエネルギービームが掃射され、射程距離としては最長で1000メートル先の対象者をすべて「制圧・無力化」できるということです。

付属するアンテナにはコンピュータによる自動目標追尾装置が搭載されており、対象物に的確な照準セットと連続照射を行うことができます。

電磁波の人体に及ぼす軍事医科学的研究から開発された「Active Denial System」は、実弾を使わないだけ人道的対人兵器というべきものかも知れませんが、奇しくも電磁波過敏症の症状の症状と同じ状況が人体に見事に再現されるわけでここらは何とも複雑な感じがします。

中国でもついに脅威の電磁波兵器が開発された!


China's Poly Group unveils WB-1 directed-energy crowd-control weapon

 http://www.janes.com/article/46377/china-s-poly-group-unveils-wb-1-directed-energy-crowd-control-weapon

「The China Poly Group Corporation used the recent Airshow China 2014 to reveal its WB-1 millimeter-wave beam-projecting non-lethal anti-riot system. Similar to Raytheon's Active Denial System (ADS), the Poly WB-1 projects the millimeter-wave beam to heat water molecules just below the skin, resulting in intense pain. Chinese reports note that it has an effective range of 80 m but with increased power its range can be increased to 1 km.」

「中国ポリグループ公司は、WB-1ミリメートル波ビーム照射非致死的暴徒鎮圧システムを明らかにするために、最近の航空ショー「中国2014」で発表した。 レイセオンの鎮圧システム(ADS)と同様に、Poly WB-1は皮膚下の水分子を沸騰させるミリ波光線を発射し、激しい痛みを浴びせ掛ける。中国の報告ではそれが80mの効果的範囲があることを力説しており、エネルギーを増加させた場合にはその範囲は1kmまで可能になる。」

このニュースはすごいインパクトがあります。
ついに中国も本格的に電磁波兵器を投入してきたということです。

電磁波エネルギーを攻撃目的、あるいは暴動鎮圧に活用する発想自体は電磁波エネルギーの軍事研究から出てきたものですが、すべて軍事的機密事項であってその全容は明かされていません。

電磁波エネルギー(放射能も含めて)の生体に及ぼす影響は広範であって、これが明らかに対人兵器として攻撃用に使われだす時代が到来したということは、今後電磁波被曝を著しく拡大させる事態が出現するということに繋がります。

電磁波ビームが照射されれば、暴徒であろうと兵士であろうと一瞬にして相手を制圧することができます。

人体を構成する水分子が沸騰すれば火傷どころか、そのまま体全体が茹であがってしまいます。

電磁波ビーム兵器は小型化されれば航空機にも搭載されますし、当面は艦船に設置してくることになると予想されます。

制圧ビームが照射されれば、特定の海域にも近付けない事態も発生するはずです。

電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画

電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する電磁波で人体をコントロールできる

★欧米の統計データでは1mG(ミリガウス・磁束密度の単位)以下が一応の安全値とされていますが、GSテストなどの生体レベルの筋力反射テストで比較すると、微弱とされる1mG以下であってもも生体に対してマイナス波動が働きます。

つまり電磁波というエネルギー自体は容易に遮断できないだけに、微弱な電磁波だから一応安心というものでもないわけです。「環境改善アイテム電磁盤」はここに注目して、全く逆の発想で開発されたものです。

電磁波過敏症の症状

★「環境改善アイテム電磁盤」は電磁波そのものをシールドとして遮断・カットするのではなく、生体レベルの波動として有害な電磁波のマイナス部分を波動的に干渉し中和放電・無害化することを機能目的としており、取り扱いには下記のような注意が必要です。

★「環境改善アイテム電磁盤」を壁に貼って外部からの有害電磁波に対応することが出来ますが、マイナス波動に干渉しますので室内での携帯電話の使用時、機種によっては送受信に支障が出る場合がありますので注意下さい。

この場合も、携帯電話や精密電子機器本体の故障、破損などの心配はまったくありません。

携帯時に注意いただくこと

★「環境改善アイテム電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、CD・ビデオショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波の波形を変換してしまいます。
「でんじ・ばん」本体からは何ら電気的エネルギーは出てはいませんが「でんじ・ばん」を携帯したままで入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。店内持ち込みによる警報機誤作動やそれによる店側とのトラブルには十分ご注意下さい。

★「環境改善アイテム電磁盤」は構造上防水ではありませんので水洗いしないで下さい。また、無理に折り曲げたり分解したりしないで下さい。内部の微調整波動板や電子回路が断線してバランス構造が破損されてしまいます。(電磁波干渉作用)

★加熱部分や火気に触れるところにはセットしないでください。不燃素材ではありません。また電子レンジ内には入れないでください。

また急激な温度変化などの環境変化でゴム面接着部が開いた場合は、市販の接着剤で補強ください。

「でんじ・ばん」を被覆するゴムの臭いが気になる場合は、本体をラップ類で包んでいただければ機能に支障なく使っていただけます。

「でんじ・ばん」のさらに詳しい使用方法につきましては、「環境改善アイテム電磁盤」を使用されているお客様の声をご覧ください。

電磁波過敏症の症状対策電磁波中和装置は過敏症で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばん」は、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の考え方から生まれたオリジナル製品です。

「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。
電磁波過敏症 いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。

「でんじ・ばん」の効果的な使用法やセットの仕方につきましては、「環境改善アイテム電磁盤」を使用されているお客様の声を参考にしてください。

「環境改善アイテム電磁盤」トップ
「環境改善アイテム電磁盤」のご案内
「環境改善アイテム電磁盤」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁盤」のセット方法について
「環境改善アイテム電磁盤」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁盤」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁盤」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁盤」を使った気の調整法について
「環境改善アイテム電磁盤」の種類と価格紹介
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
電磁波過敏症の症状の対策予防法
ミツバチと目くらまし電磁波

オンライン・ショッピングページへもどる



■ カネマサ・オンライン・ショッピング ■
〒830-0051 福岡県久留米市南2丁目21番39号
宇田整骨院内 カネマサ通販
電話/FAX 0942-21-1968


TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症の症状対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 2015-2017 - DENJIBAN - All Rights Reserved