電磁波過敏症

「実験的経絡論」


電磁波過敏症生体波動レベル
有害電磁波中和装置
「電磁盤」

論考「実験的経絡論」


一発速攻で痛みをとる治療法


  幕末動乱期、薩摩示現流という必殺の剣法が巷で知られるようになった。

それは裂帛の気合い一声、鋭く上段から振り下ろされる豪快な剣法であって、その攻撃を受ける側は刀もろとも骨までも叩き斬られるというものであった。

このような一刀両断、一撃必殺となれば、いささか物騒であるからここは一発必中、あるいは百発百中とでも言い替えるべきかもしれない。

百発百中とは名人芸というべきで、なんと心をときめかせる言葉であろうか。

たとえば、激痛が走るギックリ腰や寝違いの痛みが短時間に一発で取り除けるとなれば、これはやはり治療する側から見ればなんとも魅力的である。

病症の早期の改善は多くの臨床家の目指すところであり、巷ではそうした名人芸ともいえる術式の習得を日夜続けておられるであろうし、またそれに一段と磨きをかけておられよう。

研修時にはそうした技術の習得に躍起になった記憶があるが、なかなか簡単には身に付けられるものではない。

しかしながら一回の施術で患者の苦痛がきれいに拭い去られるということは、手技治療の我々にとっては麻酔注射一本とは全く趣の異なる爽快な手応えがあるものである。

一発で除痛効果が出るというのは、もちろん鍼灸治療や各種の手技治療にもあるのは事実である。

私自身も自分の苦痛を一発で短時間に治してもらい感激した経験がある。

とにかく、患者にとってただの一回の施術で痛みの苦痛から解放されることは実にありがたいことである。

今回はその痛みの一発改善の話しを題材にして、多くのセラピストの方々にも興味を持たれるような話を書いてみることにした。

ここでいう除痛とは薬物を使った麻酔ではない手法で痛みを鎮静化し、患部から痛みをきれいに払拭解消してしまう治療システムということになる。

従来そうした治療の補助的手段として、我々の業界でも次々と新しい物理療法機器が痛みをとる治療システムの一つとして導入されてきたわけであるが、ここにきて随分と様相が変わってきたように思う。

数十年以前の学生の時、電気・光線治療のいわゆる物理療法の効果といえば次のように講義されたものである。

 1、血行循環を改善する。

 2、代謝を促進改善する。  3、神経の興奮を和らげる。(鎮痛鎮痙効果)  4、神経機能を刺激促進する。  5、細菌の働きを抑える。・・・etc

そして最後の項に、「心理的効果がある」というのが補足的に上げられて、さもこれが最も重要であるかのように解説してもらったのを記憶している。

「へへえ、物理療法とはその程度のものか」という認識は、私自身その後もずっと続 いていたわけで、事実その後も効能書きどおりにはいかないのが通例であった。

ここでも除痛ということにもっとも関心があったことは確かである。

ところで最近の治療機器の中には目を見張るほどの除痛効果の出るのものがあるわけで、 我々の業界や医療機関にも人気があって、それこそうかうかとしておられないという状況が出てきたというわけである。

そうした発想から20年ほど前に短期間であったが、痛みを取り除く新しい術式を独自に研究したことがあった。

その際に除痛に特化したそれらの機器はどのようなシステムになっているのか改めて検討してみたことが研究のきっかけであった。

この際もまず除痛ということに特別な関心がもたれたわけである。

宇田整骨院・耳ツボダイエット そうした機器の本体には専用のコンピューターが搭載されていて、常に治療中の人体の通電状態をモニターして情報をフィードバックしているということがわかった。

「モニターしている」ということは、従来のような周波数固定の通電ではないということである。

コンピューター自体はプログラム上で設定されている範囲以外の処理は行わない。

通常は前もっていくつかの入力パターンが設定されていて、そこに各数値情報を割り振り当てはめていく処理を高速度で処理するということになる。

当然コンピューターに入ってくる情報は想定内の範囲に限られた数値情報であって、それぞれにきっちりと幅がもたせてあるから自動的に該当するプログラムに振り分けらると同時に出力パターンが瞬時に決定されるということになる。

実際の治療機器の通電方法そのものに最新の細胞レベルの電気生理学理論のエッセンスが取り入れられている。

すべて定量化され数値データで管理されている。

そうした膨大な情報を整理してパターン設定するという手法は、それこそ古典的治療がもっとも得意とするところである。

これは一つの重要なヒントである。 例えば中国医学の古典の『神農本草経』に登場する薬物は365種、『素問』調経論篇にいう人体の経穴(節)も365と、あっさりとこの数字は集約された形で出てくる。

古典では数限りない無数の情報そのものが明らかに集約整理されている。

このことは逆に古典的手法が現代にも情報処理ということでは十分応用できる部分があるということでもある。 

ここでふと気付いたのであるが、最新の治療情報はどうやら従来の中国医学の治療理論とどこかスタンスが似ているではないかということである。

早速、関連資料を引っぱり出して読み直してみるとますますその感を強くした。

生体の痛みをどう捉えるか、それにどのように対応するかの順序立てでありそうした一連の理屈である。

理屈の次は実際に試してみる。

手元にある経皮通電治療器でなら必要な低周波設定も自在に対応できる。

通常のパルス波もボルター交換波の治療波形も一応揃っている。

出力数値レベルも周波数も細かく設定できる。

まずこれで試してみようと思った。

ただ、最新の除痛装置に搭載されているコンピューターの計算処理速度に対抗するといったところでとても手動であっては到底敵わないから、実際の通電時のパターン設定にはそれなりの独自の工夫がいることになる。

ここは古典的パターン処理を最大限活用するしかないと確信する。

さらにこれを細かく短時間にモニターしながら通電すれば、いままでとは全く違った通電効果は期待できるのではないかとも考えた。

シンプルな方法がベストであるという信念のもとに試行錯誤の結果はまずまずであった。

そこで、やった、効いた形式で実際の症例を参考までにその一部を紹介したい。

それぞれの症例で設定した通電ポイントは、古典的経絡でいうところの手足の特定の経穴(ツボ)を使用した。

経絡は体幹だけでなく手足を流れている。

だから手足の経穴(ツボ)を使えば離れた体幹部の治療も可能というわけである。

治療ポイントは2箇所だけで、治療時間は5分から10分以内である。

治療自体はそれだけである。 

zuju01.gif

●症例報告DATA1  症例1  富松○○ 58歳女性  症状・1ヵ月前より左肩より上肢にかけて疼痛が持続的にあって、しかも夜間痛がひどく安眠できない。 11日間治療を受けたが経過思わしくなく、睡眠不足で心身ともに憔悴気味ということであった。 処置・左外関と右臨泣のポイントに5分間経皮通電。 経過・翌日痛みまったくなく熟睡できたとの喜びの連絡あり。一回で治癒。

 症例2  入江○○ 36歳女性   症状・休日急患、早朝4時頃から左上肢の激痛で目が覚める。腕全体の自発痛、挙上運動痛著明である。この痛みをどうにかしてほしいとしきりに訴えて来院される。 処置・左外関、右臨泣に経皮通電。 経過・5分間通電、完全に鎮痛疼痛なし。1回の通電で治癒。

 症例3  古賀○○ 30歳男性  症状・ギックリ腰で通院治療中の患者であるが、午後再び来院して、「腰をまたギクッとやった」という。 よくなりかけた腰を再度痛めたらしく、激痛で顔をしかめている状態である。 処置・右臨泣、左外関を伏臥位で経皮通電。 経過・通電5分後起きあがり動いてもらうと、患部の痛みは鎮静していて驚く。経過良好。

 症例4  松岡○○ 年齢84歳男性  症状・今年始めより腰部、臀部、両測の大腿部後側に疼痛あり。歩行・屈伸に不自由する。 処置・左右後 、左右申脈に座位にて交叉で経皮通電する。2分後起立させると疼痛と筋緊張が軽減しており、5分後完全に鎮痛。 経過・通電治療後約4時間ほどは良好であった。この症例の場合、通電により直ちに鎮痛するが4時間ほどで痛みが出現するパターンであったが、その後の経過良好である。

 症例5  上野○○ 年齢36歳女性  症状・左膝関節に歩行屈伸運動痛あり。捻挫らしく軽度の腫脹を認める。 昨夜より痛みだしたが、そのまま痛みが持続しているという。膝をかばうようにしてひどく跛行する状態で、膝蓋骨内縁部、下部に圧通著明である。 処置・右外関、左臨泣に座位にて経皮通電開始する。 通電3分後、軽く屈伸運動させると疼痛軽減しており、さらに5分後起立して体重負荷してみると先ほどまでの激痛は軽減しているとのこと。 10分間の通電治療後には、痛みは完全に消失する。普通に歩行、屈伸できる。 経過・翌日午前中まで良好、午後より中程度の痛みを感じる。前日と同様の処置、経過良好。

 症例6  空閑○○ 72歳女性  症状・寝たおかして首がまったく回らない。頚部捻挫である。頚部、肩部全体に筋緊張、圧痛あり。 処置・右公孫、左内関に座位で5分間経皮通電する。 経過・通電直後首の緊張が和らぎ回旋運動が楽になる。治療後「あら、首がまわる」を連発される。その後経過良好。

 症例7  村上○○ 49歳男性  症状・腰部捻挫痛を放置していたところ暫時右下腿部まで痛みが広がってきているとのこと。歩行痛を伴う。 通常の施術では症状の改善はみられず経過は思わしくなかったので、経皮通電に急遽切り替える。 処置・右臨泣、左外関に経皮通電。 経過・5分間通電後腰部・下腿部の疼痛は完全に鎮静する。治療後足踏み、歩行に異常なし。

 症例8  石川○○ 56歳男性   症状・ギックリ腰・腰部捻挫 処置・左申脈、右後 に経皮通電。 経過・通電治療5分後、患部の疼痛が完全に消失する。

 症例9  大坪○○ 59歳男性  症状・土木作業中左脇腹に急に痛みを覚える。屈伸回旋時に運動痛著明である。 処置・痛みの部位が経絡の帯脈上にあるので、左臨泣、右外関に座位で経皮通電する。 経過・通電4分後やや鎮痛効果あり。6分後、痛み完全に消失。経過良好。

 症例10  黒岩○○ 69歳女性   症状・腰部痛を訴える。伏臥位になれないので横臥位で治療する。終了直後、起きあがろうとしたとき突然腰背部に強い筋肉痙攣様症状が現れ、激痛によってそのまま突っ伏した格好となる。 突然のことで周囲が驚くが、本人は全く動きがとれない様子である。患者がいうには、再三このような症状があり、いつも2時間は全く動けない状態が続くとのこと。 処置・やっとのこと両足をベットより降ろさせて、右内関、左公孫に経皮通電を施す。 経過・6分間通電後痙攣・疼痛症状はほぼ鎮静する。そのまま立ち上がってもらうと、痛みもなく歩行可能となる。 痙攣直後に、こんなに速く動けたのは初めてのことだといって喜ぶ。経過良好          

●症例報告DATA2

症例1>(男性・52歳・新聞販売店勤務・中肉中背)

症状・朝方より上半身を動かすと左肩背部と心下部にかけてビリッと、まるで電流が流れるような不快な痛みがあると訴える。 腕が挙げ辛い。患者自身疼痛部位をはっきり特定できない様子である。別に肩を痛めたような心当たりはないという。これから友人達と釣りに行く予定なので、当院でどうにかならないかということだった。 処置・運動に伴う筋肉痛ということで、さっそく左外関と右臨泣に5分間経皮通電して患部の気のバランスをとる。 治療後、疼痛、不快感は完全に消失。本人は大喜びで予定通り釣りに参加。1回で治癒。

<症例2>(女性・65歳・主婦・やや肥満) 症状・家事中腰を痛める。いわゆるぎっくり腰、腰部捻挫である。 患部の筋肉の状態を見て、左後渓と右伸脈に経皮通電する。 5分経過では痛みはやや残存するが、10分後に疼痛完全に消失。1回で治癒。

<症例3>(男性・77歳・がっしりした体格) 症状・前夜より急に左足首に激痛が出て起立歩行が出来ない。家人の運転する車に乗せられて来院。脇を支えられ、杖をたよりに足をかばいながらやっと歩行する状態である。 作業中どこかで捻挫したかもしれないという。 患部にやや腫れと熱感がある。 処置・右外関、左臨泣に6分間経皮通電。直後に患部の疼痛、歩行運動痛が完全に消失する。 直後に何度も床を踏み歩くが痛みがまったくないので呆気にとられた感じで、本人はこの結果にひどく驚いた様子。そのまま歩いて帰宅する。1回で治癒。

<症例4>(男性・37歳・会社員・中肉中背) 症状・ゴルフ練習中右背部の筋肉を痛める。体を回旋させると鋭い痛みがある。 翌日の地区選抜のゴルフ大会にはどうしても参加したいので、痛みを取ってくれとの強い要望のもとに治療する。 処置・右外関、左臨泣に経皮通電。10分後疼痛完全に消失する。 まったく回旋運動痛なし。1回で治癒。

<症例5>(女性・35歳・主婦)

症状・腰部捻挫。 処置・左大腸喩と左足三里に経皮通電。8分後患部の運動痛完全に消失する。

<症例6>(女性・38歳・公務員) 症状・ぎっくり腰・腰部捻挫。 処置・右腎喩と右丘墟に経皮通電する。15分後患部の運動痛・疼痛完全に消失する。注射などとはまったく違う痛みの取れ方だといって、ひどく驚いた様子。

<症例7>(男性・58歳・建設作業員) 症状・腰部捻挫。 処置・左大腸喩と右解渓に経皮通電。10分後患部の運動痛完全に消失する。

<症例8>(女性・74歳・主婦) 症状・腰部捻挫。 処置・左大腸喩と左丘墟に経皮通電。6分後患部の運動痛完全に消失する。

この治療研究で言えることは、中国医学の経穴(ツボ)や古典理論(情報)は正しかったということである。

今回の治療ポイント(経穴)とその設定手順はすべて忠実に古典理論に沿った術式で行ったものである。

意図的に別の治療ポイントでずらして行った場合やポイントの設定手順を変えてしまったときはまったく除痛効果は現れなかった。

結果は、ポイントが当たれば一発ホームラン、外れれば三振のそれでしかないという結果であった。 

しかもこの研究の過程で気付いたことは、人体はたしかに古典理論どおりに機能しているということが確認できたのであるが、逆にこれは現代の生理学ではまったく説明できない現象があるということでもある。

何故生体がこうした電気の流れに反応するのか興味深い。

そして最も重要な点は、人体内には血液やリンパだけが還流しているのではないということにあらためて気付かされたことである。

これは経絡というある種の機能的な循環があって始めて使える除痛システムということになる。 

古代中国人はそれを人体内の気の流れだとした。

そして気の流れが滞れば痛みや痺れの症状が現れ、治療によって再び気の流れが回復すれば症状は速やかに解消されるという。   古典理論にあるように、血液成分よりはもっと微細な分子量の小さなものが人体内を還流しているルート(経絡)と、それに付随した確かな生理現象があるということの確証に繋がる現象だといえよう。

(9・6・24)

発行日 1998年1月16日


「実験的経絡論・目次」

第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章
第7章 第8章 第9章 第10章 第11章 第12章

「電磁盤」トップ
「電磁盤」のご案内
「電磁盤」の中和効果について
「電磁盤」の特徴と取り扱い方について
「電磁盤」のセット方法について
「電磁盤」を使用されているお客様の声
「電磁盤」の機能と構造について
「電磁盤」に関するご質問と解説
「電磁盤」を使った気の調整法について
「電磁盤」の種類と価格紹介
電磁波過敏症とはなにか
「電磁盤」による防御の実例
最近の重要な電磁波情報
電磁波過敏症とはなにか
不眠症対策について
電磁波過敏症の対策予防法
ミツバチと目くらまし電磁波






Darpa Looks to Tap Nature’s Quantum Effects
By Katie Drummond March 12, 2010 | 9:00 am | Categories: DarpaWatch


For years, some scientists have suspected that quantum mechanics might have a little something to do with biological processes. Now, over a year after they first announced plans to look into quantum effects in biology, the Pentagon’s far-out research arm is asking for research and prototypes that may help harness that knowledge.

Researchers have already established several biological realms that seem governed by quantum mechanics. For example, they already know that photosynthesis, one example of nature’s incredible efficiency, is ruled by quantum energy transfers. Energy “simultaneously samples” potential routes, and opts for the most efficient one to get the job done. Now, Darpa wants even more examples that demonstrate “tantalizing evidence” of biological systems that “operate using ‘manifestly’ quantum effects.”

That’s part one. Darpa also wants developers to develop a prototype of a biomimetic sensor that mimics some of biology’s most impressive quantum phenomena.

Lockheed Martin, for one, are already hard at work on the possibility of a quantum radar that could spot IEDs through soil or the walls of underground bunkers, see through camouflage, and even take down stealth planes. Right now, that patented science remains conceptual. But it sounds like Darpa’s ready to invest in the potential applications.

For now, they’re after high-performance sensors. But if and when quantum biology takes off, the possibilities - beyond quantum computing ? seem endless. In Quantum Evolution, molecular biologist Johnjoe McFadden hypothesized that certain DNA mutations exhibit signs of intelligent quantum calculation. So it might only be a matter of time before Darpa gets its hands on the meaning of life, or at least some mathematical version of it.
[Photo: College of DuPage]



オンライン・ショッピングページへもどる



■ カネマサ・オンライン・ショッピング ■
〒830-0051 福岡県久留米市南2丁目21番39号
宇田整骨院内 カネマサ通販
電話/FAX 0942-21-1968



TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 1998-2016 - DENJIBAN - All Rights Reserved